平成28年12月26日二葉太郎の一押しニュース

 

<スーパー戦隊シリーズ>次作はなんと9人組「宇宙戦隊キューレンジャー」

 

 いやいや、やりますな。キャラ付けだけでも大変だろうというのに、9人組・・・・。大体戦隊シリーズは色で分けられているのですが、我々が子供のころは、大体「赤」がリーダーであと、青、黄、緑、桃。桃色がたいていの場合紅一点という感じでしたが、9人いるとどうなるのでしょうか?その辺から、興味がわいたことと、名前が「キューレンジャー」と、「ゴレンジャー」に原点回帰している点に興味がわきました。久しぶりに見てみようかな?

 

 しかし、スーパー戦隊シリーズは、次作でなんと、41作目だそうで・・・。

 記念すべき第1作目は、「秘密戦隊ゴレンジャー」で、1975年(昭和50年)4月に放映開始だそうです。1975年といえば、そう、私が生誕した記念の年。まさにスーパー戦隊シリーズは私の歴史といっても・・・過言でした。すみません・・・。

 

 スーパー戦隊シリーズと同格をなすのが、「仮面ライダーシリーズ」と「ウルトラマンシリーズ」でしょう。「ウルトラマンシリーズ」は、毎年というわけではないのですが、「スーパー戦隊シリーズ」と「仮面ライダーシリーズ」は、今でも、ほぼ毎年スタイルを変えて制作されています。

 

 特徴もわかりやすく、「ウルトラマンシリーズ」は、「巨大化」。「仮面ライダーシリーズ」は「変身ポーズ」。であるのに対し、スーパー戦隊シリーズは団体戦でした。これまでの40作はすべて「5人組」か「3人組」で構成されています。

 

 それが今回は9人組とは・・・・。7人ではなく9人とは・・・・。ちょっと見てみたくなりました。

 

 あなたの一番印象に残る戦隊シリーズはなんですか?