二葉太郎の一押し芸能社会ニュース&未来のビジネス大解剖

はじめまして。二葉太郎です。最近の様々分野のニュースを二葉太郎が独断で抽出し、発信していきます。また、未来のビジネスになるであろうITビジネスについても体験中。ビジネス・資格情報も満載です。

まとめ

FXをまとめてみましょう!!!

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。


 さてさて、昨日までFXのお話をしてまいりました。このブログはあくまで下の3点に絞って解析しております。


 ①初心者が手を出していいものか?


 ②商材や塾を購入して、うまくいくものなのか?


 ③ビジネスの特性状、即金性、将来性はあるのか?


 という点です。これらの観点で、FXをまとめてみましょう。

 まず、初心者が手を出すべきか!という部分については、ビジネスとして儲かりたい!とすがる思いで手を出すのはやめた方がいいと思います。

 FXのお金の増減について、説明していなかったのでご説明します。なお、レバレッジについては、各証券会社によって異なりますので、別個、お話しします。

 FXのエントリーの単位を1Lotといいます。1Lot=10万円です。これも証券会社によって違うのかもしれませんが、私が使っている証券会社では、いずれも、0.01Lotからエントリーすることができます。つまり1,000円です。

 (例)1,000円でドル/円に買い(ドルが上昇する)でエントリーした場合

   1ドル=112.554円でエントリー → 1ドル=112.893円で決済した場合、単純に引き算して、0.339円上昇
  しています。この表記されている一番下の数字(小数第3位)が1上昇または下降することを1pipsといいます。 
  これは、他の通貨ペアでも同様です。

  したがって、今回は339pips上昇したわけですから、1,000円でエントリーしたら1,339円になります。

  あとは倍々です。10,000円(0.1Lot)でエントリーしたら、13,390円になりますし、10万円(1Lot)でエントリーしたら、133,900円になります。

  4,000円(0.04Lot)であれば、339×4=1,356円プラスになりますので、5,356円になるという計算です。

  逆に1ドル=112.893円でエントリー → 1ドル=112.554円で決済した場合は、上記の金額が減るということになります。

  よく、いろんな商材や本をみると、所持金の1/10以下の金額でエントリーしましょうとあります。

  しかし、レバレッジを利かせることができますので、例えば、1万円で888万円かけたのと同じ取引が可能になります。成功すれば莫大な利益になりますが、ちょっとでも反対方向に行ったら、あっという間に溶けてしまいます。

 つまり、欲を出すとリスクは大きいビジネスです。初心者は、1,000円程度で上下を見るという練習程度なら、ゲーム感覚で面白いかもしれませんね。

 したがってこういうビジネスですから、商材や塾に高額な費用をかけることこそ、ものすごいリスクを伴います。つまり、成功者の隣で猿真似をすれば、必ずもうかると思いますが、購入して家で一人で・・・となると、おそらくうまくいかないと思います。

 しかし、ビジネスとしての安定性、将来性は昨日も申し上げた通り、ITビジネスでいちばん優れているかもしれません。要するにインターネット環境と「お金」という概念がある限り、この為替はなくなることはないでしょう。

 じっくり腰を据えて取り組むことをお勧めします。


 ちなみに、私が使用している証券会社はいずれも海外で、XM証券、Bigboss証券を使用しています。

 以上、少しは参考になったかと思います。

 これまでの記事を読んで、始めるかどうかをお決めください。
  


 

FXってどうなの④

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。


 だいぶ時間が空きましたが、FXについてどうかということをまとめてみたいと思います。


 <メリット>

 ・即金性がある

 ・市場が飽和することはまずない。

 ・ビジネススタイルとして、インターネットと「お金」という概念がなくならない限り、確実に継続できる。

 <デメリット>
 
 ・何も勉強せずに取り組んでも、必ずと言っていいほど負ける。

 ・EAを積んだ商品にしても、最初は勝つが、その後のメンテナンスやアップグレードがなければ、将来性は薄い。

 ・いざ勉強しようとしても、センスが関係しており、金融系全般にある程度知識と経験がないと勝てない。

 ・どんな投資家でも、先はわからない。したがって絶対勝てるということはあり得ない。


 ざっくりと書いてみましたが、これが真実でしょう。一般的に勝てている投資家は、過去のチャートをいろんな角度から解析しています。角度というのは、大きく言うと<期間>のことです。1分足、5分足、15分足などいろいろありますが、それぞれの単位でチャートをみると、変化がまったく違います。また、テクニカル分析といわれるものですが、過去の投資家がいろんなインジケーターを発表しています。それらを組み合わせて、自分の分析結果に一番合致する方法をとり、さらにファンダメンタルズ分析といいますが、いわゆる世界情勢や要人発言による予想を加えて取引をしています。

 これだけ聞いても、うんざりしてくるのではないでしょうか?

 しかし、私は、今のところ5か月継続していますが、70%の勝率を誇り、複利で利益分配してくれるという素晴らしいシステムを知っています。その辺は、いずれチャンスがあるときにでもお話しします。

 では、次回は今度こそ、BO(バイナリオプション)についてお話しします。

ギャラリー
  • バイナリーオプション(BO)の甘い罠
  • バイナリーオプション(BO)の甘い罠
  • FXってどうなの?<第2回>
  • FXってどうなの?<第2回>
  • FXってどうなの<第1回>
  • FXってどうなの<第1回>
  • FXってどうなの<第1回>
  • 天下りって、相変わらず続いてますね。
  • 天下りって、相変わらず続いてますね。
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ