みなさん、こんにちは。二葉太郎です。


 さてさて、前回のFXの続きです。最初にいっておきますが、これは、FXを進めるものでも否定するものでもありません。もちろん私も初心者ですので、勉強すればきりがありません。それ前提でお話を進めてまいります。


 前回は、株式投資とFXの違いとして、

 ①小額から始めることができる点

 ②レバレッジを聞かせて、少額でも大金を動かすことができる

 という点をお話ししました。これは、人によってはメリットであり、人によってはデメリットにもなりえます。まぁ、この辺が一番難しいところなのですが・・・・

 その他のFXの特徴として、株式など為替というものは常に上下を繰り返しながら中長期的に上昇したり下降したりします。また、通貨ペアとも呼ぶのですが、対象とする通貨によっても動きが異なります。

img_index_support-resistance01


 FXの特徴として、この上下のスパンが非常に短いのが特徴です。したがって、短いスパンで売買を繰り返すデイトレードと、長期的に予想して売買する方法があります。

 また、経済に関連する要人の発言や、先日のアメリカ大統領選挙など、指標やイベントがある場合、何が何だかわからない動きを繰り返します。

 私もたまたま経験したのですが、アメリカ大統領選挙の日は、午前中から昼にかけて、ドル円が一時101円台まで円高になったのですが、翌日には、107円台まで円安になっています。デイトレードでも、例えば10万円を元手にやったとすれば、1日で50~60万円は稼げたと思いますし、数日後には114円台あたりまで行きましたので、数百万円稼いだ人もたくさんいると思います。


18d7c6ebba390e8fee999afb721d4c20_s

 私はおとろしいので、瞬間的に売買していたのですが、それでもエントリーして10秒で決済しても1,000円単位で儲かるので、私でも数万円のプラスを出すことができました。

 しかし、逆に考えていた人は・・・・・・瞬間的に何百万円単位で失った人も同じくらいたくさんいると思います。


 今日述べたことをおさらいすると、

 ③FXは他の為替にくらべ、上下のスパンが早い

 ④要人発言や一大イベントの時は著しく変動する


 ということです。

 また、次回もFXについていろいろとお話ししてまいります。